信頼の品質

長谷川刃物の製造工程

熟練の技術の集大成

熟練の技術

長谷川刃物では、刃物(はさみ)の製造工程のほとんどを自社工場にて行っております。
刃物(はさみ)の製造工程は、機械により自動化されている工程ももちろんありますが、刃つけや小刃引き、仕組みの調整など職人の手作業による工程も多く、まさに職人の熟練の技術により、高い品質が保たれています。

製造工程

プレス

鋼材の板から刃の元となる「ブレード」作ります。

焼入れ

1000℃前後の熱で刃に熱を入れます。熱して冷やすことにより刃物として使用できる硬度を得ることができます。

刃引き・裏引き

砥石でブレードを削って刃を付けます。
ハサミの噛み合わせを左右する大事な工程で1/100mm単位で調整します。

研磨・表面バフ

刃の表面を美しく加工しながら、形を整えていきます。

検品

ブレードを一枚一枚手作業で確認します。
小さなキズやサビもしっかりとチェックします。

成形

樹脂で成形された取手を取り付けます。

かしめ

2つのハサミをカシメて1つのハサミにします。

小刃引き

より切れるようにハサミに小刃を引きます。

仕組(しぐみ)

刃と刃の噛み合わせを調整します。人の手で1丁1丁調整していきます。

検品・梱包

汚れや傷がないか最終チェックを行い梱包します。

出荷

製品として出荷されます。