NAILP[ネイルプラス]が朝日新聞に掲載されました

2017/01/24 カテゴリー:お知らせ

2017年1月21日付けの朝日新聞夕刊コラム「ブームの卵」に、そして同内容を1月20日の朝日新聞名古屋本社版に掲載頂きました。

 

20170121_朝日新聞夕刊2

 

内容はこちら:

 

コロンとして切りやすい☆

卵形の爪切り「Nail+(ネイルプラス)」(幅7.3×奥行き4.5×高さ3.8cm、本体ABS樹脂、刃部炭素鋼を使用、1998円)はいかが?

刃物の町として有名な岐阜県関市のメーカーが開発。手に接する面積が広く、どの方向から握っても、軽い力で切れるんだ。安心した形状で、卓上に置いて押すだけでも使えるから、握力が弱い子どもや高齢者にもおすすめ。やすり部分はドーム形。細かく鋭い特殊加工を施し、爪の角を整えやすいのもうれしいよね。

色はブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、パープルの5色。

 

20170121_朝日新聞夕刊1 

 

NAILP[ネイルプラス]とは?

握りやすく安定したフォルムが特徴の爪切り。色々な握り方が出来るだけでなく、テーブルの上に置いて、押すだけでも使えます。

【特徴】

●握りやすいフォルム。

いろいろな握り方ができる球型形状は、手の中で自由に角度が変えられます。手にする面積が広いので切った時の衝撃を弱めます。

●ユニバーサルデザイン。

ハンドルが安定した形状なので、テーブルの上に置いて押すだけでも使えます。力の弱い方に最適です。

●軽い切れ味

岐阜、関の伝統技法を用いた、職人仕上げの刃は、優れた切れ味で、スパッと軽く切ることができます。炭素鋼製で耐久性も抜群、心地良い切れ味が持続します。

●爪にやさしく。

大きな面で削りやすいドーム型ヤスリを採用しました。また、細かく鋭い目立ての特殊ヤスリにより、爪をやさしく削り上げます。

 

ネイルプラスをHPでチェックする

ネイルプラスを楽天市場でチェックする