長谷川刃物の紹介

沿革

平成23年4月

長谷川尚彦が代表取締役社長に就任。

平成20年7月

中小企業庁2008年度版元気なモノづくり中小企業300社に選定されました。

平成17年11月

社長長谷川勝彦業界功績にて「黄綬褒章」叙勲する。

平成16年11月19日

HARAC 商標登録

平成13年2月

回収したペットボトルをフレーク化したものからハサミのハンドル成形に成功。ペットボトルリサイクル推進協議会認定。

平成9年1月

容器包装リサイクル方を見据え「もっとできる、リサイクル。」シリーズを販売開始する。

平成8年12月

工場北棟竣工。

平成5年2月

創業60周年記念事業として、「ギザッコ貼り絵コンテスト」を出版社「小学館」の協力を得て実現。

平成元年10月

ギザギザに切れる紙工作用鋏ギザッコシリーズを販売開始する。全国にて大ヒット商品になる。

昭和62年7月

長谷川勝彦が代表取締役社長に就任。

昭和61年9月

フッ素コーティングをした画期的な商品、ボンドフリーハサミシリーズを販売開始する。

昭和59年8月

関市肥田瀬3664-2に本社工場完成。

8月1日長谷川刃物株式会社に社名変更。

昭和49年8月

第2工場の設備を自動鋳造プラントに一新。

昭和39年4月

本社ビル竣工。

昭和31年5月

関市旭ヶ丘3丁目5番地に第3工場(機械部門)を増建設する。

昭和27年9月

関市朝日町25番地に第2工場(鋳造部門)を建設。

昭和25年8月

関市相生町52番地に第1工場を増設。

昭和24年10月

法人に改組、株式会社長谷川刃物製作所を設立。

昭和20年10月

戦後、名称を長谷川刃物製作所とし、ハサミの製造を開始。

昭和8年9月

関市相生町44番地に於て、長谷川俊一が研磨工業所を創業。