ミラノ・サローネ「CASA GIFU II」に出展しました

2017/04/27 カテゴリー:お知らせ

2017年4月4日から9日の期間に開催された、岐阜県と関市が主催のミラノ・サローネ「CASA GIFU II」に出展しました。

2017-04-04 10.54.46

 

こちらの展示会は、今年で2回目の開催です。

日本で製造している関市の刃物の他に、今年は長谷川刃物がプロデュースした、ヨーロッパで著名なスイスのインテリアデザイナーのオイ社のパトリック氏と、関市の第26代刀匠藤原兼房氏のコラボレーションにより生み出された日本刀「本関刀Honsekito」をお披露目しました。

 

2017-04-04 18.04.46

 

関市の第26代藤原兼房氏の日本刀にその拵え部分の刀の鞘を飛騨牛の皮で包み、その革鞘の表面を銅線でらせん状に巻き上げる技法でデザイン装飾されております。

こちらの日本刀はその優美なデザインにミラノ・サローネにて来場者からの高い評価を受け、10本限定販売することが決定いたしました。

今後も長谷川刃物では、日本刀「本関刀Honsekito」の情報を発信していきます。

 

■購入に関するお問い合わせはこちら

 

「ミラノ・サローネ」概要

家具やインテリアデザインにおける世界最大規模の国際見本市と、ミラノ市外各所で行われるメーカーやデザイナーの展示会や展覧会を同時開催するもので、ヨーロッパ中のメーカーやデザイナーが一堂に会す。

その年のデザイン・トレンドがいち早く発信され、開催期間中は世界中から約30万人が訪れることから、「デザインの祭典」とも称され、インテリアデザイン界で最もエキサイティングな一週間と言われる。